ご存知ですか?食物繊維の過剰摂取は便秘になります

便秘になるとお腹が張って苦しいだけではなく、肌荒れが起こることもあります。さらに、便秘が長期化すると、体臭がきつくなったり、ダイエットの妨げになったりすることもあります。
このような便秘の解消に役立つのが食物繊維の摂取ですが、食物繊維は過剰摂取すると便秘の原因になることがあります。

ダイエット中に便秘になると…?

便秘になると、それだけで体重が減るスピードが鈍りますが、古くなった便がいつまでも腸内に留まっていると、ダイエットの妨げになることがあります。
それは、便秘によって腸の活動力が弱まると、代謝機能にも悪影響が及び、体内に脂肪が蓄積されやすくなることが考えられるからです。

また、便秘が続くとお腹が張って苦しくなり、これによって運動が億劫になり、カロリー消費が減る原因になることもあります。
つまり、ダイエット中に便秘になってしまったら、いち早くそれを改善するための対策を講じる必要があるということです。

食物繊維は2種類に分類されています

便秘の解消には乳酸菌や食物繊維をコンスタントに摂取することが大切ですが、食物繊維を摂取する際には少々注意が必要です。
それは、食物繊維は2種類に分類され、過剰摂取すると便の水分が奪われて便秘になる種類があるからです。
それではここで、2種類の食物繊維の特徴をご紹介しておきましょう。

水溶性食物繊維

海藻類やコンニャクに多く含まれる食物繊維で、先ずに溶けやすい性質を持っています。保水性があり、糖の吸収スピードを遅らせたり、脂肪分の吸収を抑えたりする働きや、血糖値の急上昇を防ぐ働きも持っています。

不水溶性食物繊維

豆類や穀類、ごぼうなどに多く含まれている食物繊維で、水に溶けにくい性質を持っています。水分を保持して便のカサを増す作用がありますので適度に摂取することが便秘の予防に役立ちます。
これら2種類の食物繊維の特徴を見た限りでは、なぜ便秘の原因になる可能性があるのかわかりませんよね?
実は、食物繊維を摂取したことが便秘の直接原因になるのではありません。

それは、腸にある問題を抱えている方の場合では、不溶性食物繊維を過剰に摂取することにより、便秘になってしまう、あるいは便秘を悪化させてしまう可能性があるということです。
それでは、不溶性食物繊維の過剰摂取で便秘になる可能性がある、2つ腸の問題についてご紹介します。

けいれん性便秘

便秘の自覚症状がないのに、実は便秘になっているというケースは実際にあります。
けいれん性便秘になると、便秘と下痢を繰り返すようになりますので、症状が現れているご本人にとっては便秘になっているという意識がありません。
けいれん性便秘は、体内の消化・吸収スピードがアンバランスになることによって考えられ、ストレスや自律神経系統の不調などが原因となって起こると考えられています。

このように、腸に不調が起こっているところへ不溶性食物繊維を大量に摂取してしまうと、便のカサだけが増えてうまく排出することができなくなることがあり、便秘を悪化させることがあります。
けいれん性便秘は、悪化すると過敏性大腸炎に移行することもありますので、できるだけ早く改善しておく必要があります。

直腸性便秘

腸の出口に便が溜まり、排出できなくなる状態が直腸性便秘です。この便秘が起こると、グッとお腹に力を入れても排便されず、とても苦しい思いをすることになります。
この便秘は女性に多いといわれ、便の水分が腸壁から吸収されると大きな塊となって肛門の出口を塞ぐことになり、これを直腸瘤(ちょくちょうりゅう)と呼びます。
このような状態になっているときに不溶性食物繊維を大量に摂取してしまうと、それが水分を吸収してしまい、便がさらに硬くなって排便が困難な状態になることがあります。
このように、便秘の改善に役立つ食物繊維であっても、ご自身の腸の状態をよく確認してから摂取しないと便秘を引き起こす原因になることがあり、これがダイエットを妨げる原因になるということも知っておかなくてはなりません。

食物繊維はバランス良く摂取しましょう

ダイエット中の便秘予防には、乳酸菌や食物繊維の摂取が必要不可欠です。
そして、腸が健康な状態で正しく働いているのであれば、水溶性食物繊維や不溶性食物繊維の摂取バランスが多少崩れたとしても、便秘になる心配はほぼないと考えられます。
ところが、けいれん性便秘や直腸性便秘の症状が現れているところへ食物繊維を大量に摂り、2種類の食物繊維のバランスが崩れてしまうと、現在の症状を悪化させることも考えられます。

腸が正常に働いている方は、水溶性食物繊維または不水溶性食物繊維のバランスを考えながら食物繊維の摂取を心がけ、腸に不具合が生じていると考えられる方の場合では、水溶性食物繊維の摂取量をやや増やしてみることを心がけましょう。
これが、腸内環境の整備に役立ち、ひいてはダイエット中の便秘予防や改善に役立ちます。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る